• エリア:呉市

DESCRIPTION

もともと飲食店だった場所を改装し、地産地消をテーマにしたカフェ&ショップにリフォームしました。 他にはないお店にしたいため、デザインには徹底的にこだわりました。お店のネーミングやシンボルマークはもちろん、外装や内装、一つ一つの備品に到るまで、オリジナルのデザインを制作。シンボルマークには、地元で採れる野菜やフルーツ、魚介類などをモチーフにしたイラストを組み合わせ、お店のコンセプトを具現化しました。 「豆ナ茶屋」という、和風でありながらもモダンな雰囲気のお店に似合うように、白と黒を基調とした落ち着いた雰囲気の佇まいに。入り口ののれんや垂れ幕を用いて、和モダンのカフェの装いを演出しました。

ショップ&カフェスペース

大きな窓に面した、明るく広々とした店内。白い壁と明るい木肌がマッチして、清潔感あふれる空間に。手前には、地元の素材を用いて丹精込めて作られた食品や雑貨たちが並んでいます。奥は飲食スペースとなっており、当店自慢の豚丼やピリ辛丼、ナチュラルフードコーディネーター・大本紀子さんプロデュースの心と体に優しいスイーツを提供しています。

店舗外観

古くなって劣化していたタイル壁を、爽やかなホワイトに。シンボルマークを大きく印刷した垂れ幕を設け、和の涼やかな雰囲気を演出するとともに、通行する人々の目を引いています。同時に、店内で飲食されているお客様に配慮したパーティションの役割も果たしています。

外観サイン

店舗の外観に、おしゃれにレイアウトされた立体文字。黒いベースに白い文字を用いることで、視認性を高めながら、店舗の世界観を表現しています。

ロゴマーク

お店のロゴマークも、リフォームウィズからの提案です。海や山、レモンや牡蠣、魚、野菜など、地元の産物をイラストにして構成。まさしく「豆ナ茶屋」を象徴する、個性的なマークとしてお店の存在感を引き立てています。

入口サイン

店舗入口は、オリジナルののれんを下ろして、訪れる人をお迎えします。入口上部には、店名の英文字を立体的に表示し、おしゃれな上質感を演出しています。のれんをくぐることで、お店に入る期待感を高める効果もあります。