トピックスTOPICS

2019.10.15キッチン

ダイニングにおすすめの照明【選び方とそれぞれの特徴】

ダイニングは照明を変えるだけで大きく雰囲気を変えることができます。今回はダイニングによく使われている照明の種類と、照明選びのポイント、そして人気の照明例をご紹介していきたいと思います。

照明の種類

ダイニングで過ごす食事の時間は、リラックスして楽しみたいものです。自分好みの食事の時間は、照明で演出してみませんか?
照明にはたくさんのタイプがあり、どれを選ぶかでダイニングの表情はガラリと変わります。
まずは、照明の種類からみていきましょう。

・ペンダントライト

ダイニングで多く使われている照明です。天井からテーブルの真上に吊り下げるタイプの照明で、テーブルを集中的に照らします。デザイン性が高く照明の位置も低いので、インテリアとして楽しむことができます。ペンダントライトを取り入れればダイニングが華やかになり、毎日の食事がより楽しくなりますね。

・シーリングライト

天井に直接取り付け、部屋全体を照らすライトです。リビングなどでよく見かけるのではないでしょうか?高い位置に照明があるので、低い天井でも圧迫感を感じませんし、どんなインテリアにもなじむ、シンプルで万能な照明と言えます。

・フロアスタンドライト

床に置いて使うスタンドライトは、天井に取り付ける手間がなく、簡単に好きな場所に移動することがきる手軽さがあります。シーンに合わせて照明を足したり移動したりすることができるので、あなたの好みに合わせてダイニングを演出してみてください。

照明選びのポイント

照明はデザインも大事ですが、電球の色や明るさも大切です。あなたのダイニングに合わせた照明を選ぶポイントをお伝えします。

・テーブルの大きさ

ペンダントライトは照明の大きさとテーブルの大きさとのバランスが大切。光が足らないと、せっかくの料理も美味しそうに見えなくなってしまいます。
照明の大きさは、テーブル幅の約3分の1程度が目安です。テーブルが大きい場合は大きなペンダントライト1つに頼るよりも、小さなペンダントライトの数を増やしていく方がバランスよく照らすことができます。

・電球の種類

ダイニングの雰囲気と、料理の美味しさを引き立てるためには電球の種類にもこだわりましょう。
電球には色の見え方が変わる「演色性」というものがあり、演色性が高いほど色が綺麗に表現され、料理や食卓を囲む人たちの顔色も鮮やかに見えます。
白熱電球は料理の色を引き立てる光で、キレイな影が出る電球です。特別な食事の時間に使えば、幻想的な雰囲気を演出できるでしょう。
逆に蛍光灯やLEDは鮮やかさが落ちて見えるので、ダイニングには不向きと言えます。

・光の色はシーンによって変える

主な電球の色は、青みが強く爽やかな印象を与える「昼光色」、お昼の太陽光のような白い明るさがある「昼白色」、オレンジの光で暖かみのある「電球色」の3つです。
電球色の暖かみのある光は、リラックスしたいダイニングにぴったりです。暗く感じる方は、昼白色を選んでも良いですし、スタンドライトなどの補足照明をプラスしてもおしゃれですね。

 

ダイニングにはペンダントライトが人気

ダイニングを彩り、食事の時間を楽しく演出するにはペンダントライトがぴったりです。
ペンダントライトはデザインも豊富で、ダイニングとの組み合わせを考えるのも楽しいですね。
ペンダントライトの使い方を最後にご紹介します。

・シーリングライトが不評な理由

シーリングライトはどんなインテリアでも違和感なく設置できる万能ライトです。しかし、同時にありきたりで雰囲気のないライトでもあります。また、高い位置から照らすので、自分の影と料理がかぶってしまい、せっかく素敵な食事が並んでいても、台無しになってしまうことも。
ペンダントライトはダイニングテーブルをしっかり照らし、料理をより華やかに見せてくれるのにぴったりのライトです。

・小ぶりなペンダントライトは多灯吊りで

ペンダントライトはデザインも大きさも様々。大きなペンダントライトは存在感があり、空間演出に最適です。木製の傘が付いたナチュラルなライトは女性らしさがある落ち着いた空間に、真鍮製のレトロなライトは、古い映画のワンシーンのようなクールさの演出にも、ウッディなカフェのようにも演出することができます。
小さなペンダントライトは圧迫感も少なく、すっきりと上品な印象になります。ライトの高さをランダムにして遊び心をプラスしても良いでしょう。
大きなダイニングテーブルの場合は、小ぶりなペンダントライトを多灯吊りすると、キレイにテーブルを照らすことができますよ。

・ペンダントライト+フロアスタンド

ペンダントライトの明るさが足らないと感じる方には、補足照明をプラスしてみましょう。
スポットライトを組み合わせて壁やインテリアなど空間を照らせば、まるで高級なレストランのよう。壁にアート作品を飾ってみたりするのも良いですね。

ダイニングの照明は、食事の時間を楽しく演出する大事な要素。少しこだわってみると、いつもの食事がずっと美味しくなることでしょう。
あなたはどんなダイニングでどんな時間を過ごしますか?