トピックスTOPICS

2019.10.03おすすめリフォームプラン

【帰りたくなる玄関にしたい】玄関照明で演出する家の顔

疲れていても帰るとほっとできる場所、来客が最初に訪れる場所、それが玄関です。玄関は、照明一つで大きく表情を変えます。訪れたくなる玄関を演出する照明の選び方をお伝えします。

照明選びを考える

照明を考える時のポイントは4つです。それぞれのポイントについて、順を追って解説していきます。

・デザイン

照明には様々な種類があります。シャンデリアやペンダントライトがデザインを見せるタイプであるのに対し、間接照明やダウンライトは光そのものを見せるための照明タイプになります。

玄関照明を考える際にもっともこだわる人が多いのがデザインだと思います。玄関の照明は自分が毎日見るだけでなく、来客の際にゲストが見る場所でもあります。この照明にしてよかった、と思えるようなすてきなデザインのものを選びましょう。

・照明の明るさ

玄関で明るさが必要な細かい作業をすることはほぼないでしょう。そのため、隅々まではっきり明るく照らす必要はありません。廊下の端や玄関の隅が少し暗く影の落ちるような、暖かみのある明るさにすると落ち着いた雰囲気になります。

・ライトによる演出の仕方

玄関照明にシーリングライトやダウンライトがついていて、全体が明るいという場合はスポットライトを入れることによりワンポイントを照らしてみてください。特に置物や絵がある場所にライトを当てると、空間にメリハリが生まれて洗練された雰囲気を演出することができます。

・センサー付き照明

日が落ちてから外出先から自宅に戻ると家の中も庭も真っ暗な時がありますよね。そういった時にセンサー付きの照明をつけておけば、両手が荷物でふさがっていても照明の電源を入れる手間が省けます。その上、センサー付き照明には防犯面を向上させる効果もあります。

照明の設置を考える

次に玄関照明の設置について考えてみましょう。

・位置

注意すべきは、靴を脱いだり履いたりするときに、足元に影ができてしまわないかという点です。また、夜に来客があった際にお互いの顔が陰で暗く見えないように気を付けなければなりません。人の背後や真上から照らすような照明は玄関には向いていないと言えるでしょう。

・高さ

玄関は照らす高さの位置によってイメージが変わります。足元から間接照明を使って照らせば落ち着いた印象に、天井から高くきらきらと明るく照らせばゴージャスな印象になります。どのような玄関にしたいかを考えて、照明の高さを決めましょう。光によるコントラストを演出するために、高さの異なる照明を複数使うのもすてきですよ。

・吹き抜けの場合

玄関に吹き抜けがある場合、デザインにこだわった吊り下げ式の照明を選ぶと視線が自然と上を向き、吹き抜けの高さを感じることができます。

ただしデザイン面だけを重視するのではなく、メンテナンスのしやすさも考えておいた方が良いでしょう。電球の取り換えが大変な場合はLEDを利用した照明などを選ぶと、交換の必要が半永久的に必要ありませんのでおすすめです。

照明の色を考える

最後に玄関照明の色を考えましょう。どのような色が玄関には適しているのでしょうか。

・玄関の内側

玄関の内側では靴を脱いだり履いたりする必要があります。靴の着脱程度であれば電球色でも構いませんが、玄関付近に鏡を置いて全身のコーディネイトを考える場合や、視力が弱い家族の方がいる場合は昼白色がおすすめです。他にも、お昼間に来客が多い方も昼白色がいいでしょう。昼白色は服やバッグの色をしっかり確認できることと、はっきりとしたコントラストができるので、視力が悪い方でも生活がしやすいという利点があります。白は清潔に見せるためには最適な色ですので、来客が来た時の印象も良いものになりますよ。

・廊下

電球色は昼白色に比べ、穏やかで優しい光なので廊下の端などが暗くなりがちです。そのため、掃除の時に端にあるゴミを見落としてしまったりすることがあります。そういった場合は昼白色がおすすめです。どうしても電球色の方が良いという場合は移動式の間接照明やフラットライトをつけるなどして対応しましょう。

・玄関ポーチ

玄関ポーチは電球色を使用している方がもっとも多くなります。お店などであれば目立たせるために昼白色を使ったりもしますが、電球色は優しい色合いなため、家に落ち着いた雰囲気を求めたい方にはおすすめできません。

玄関ポーチは安らぎを覚えるような優しい色合いの電球色にしておきましょう。どうしても白っぽい色を選びたい方は照度を下げるなど、明るくしすぎないような工夫をすると良いでしょう。

玄関は人を送り出す場所であり、迎え入れる場所でもあります。そんな玄関の雰囲気にあった照明をつけることで、玄関の印象は大きく変わります。

お気に入りの照明を見つけて、あなた好みの玄関を作り上げましょう。