トピックスTOPICS

2020.01.30家・お部屋づくり

アウトドアリビングで快適な暮らしを♪施行例・注意点を解説

アウトドアリビングで快適な暮らしを♪施行例・注意点を解説-1

家族団らんで楽しい日々を過ごしたい方は、アウトドアリビングを取り入れてみてはいかがでしょうか?室内リビングよりも家族間の会話がはずんで楽しい食事ができるかもしれませんよ!今回はアウトドアリビングについて、魅力や施行例、注意点を解説いたします。

アウトドアリビングとは?

まずはアウトドアリビングがどのようなものか簡単にご紹介いたします。

・アウトドアリビングの魅力

アウトドアリビングは自宅の中庭やテラスなど、屋外にリビングスペースを作ることを指します。一般的なリビングは屋内なので、周囲に天井や壁がありますが、アウトドアリビングは屋外のため、空間を区切るものがなく、開放感を感じることができます。「自宅にいるのに、キャンプをしている気分!」とアウトドアを満喫したい人にはピッタリ!太陽や風を感じながら、家族と会話を楽しみましょう!

・小さなベランダでも大丈夫!

「でもうちの家には広い庭はないし…」とお思いの方も安心してください。小さなベランダでもテーブルと椅子を置くだけで、十分くつろぎの空間を作れます。天気のいい日にゆったりしてみたり、ご飯を外で食べてみたりと、一人でも充実なひと時を過ごせるでしょう。

アウトドアリビングで快適な暮らしを♪施行例・注意点を解説-2

おしゃれなアウトドアリビングの施行例

工夫次第でアウトドアリビングはとてもおしゃれな空間になります。ここでは実際にどのようなアウトドアリビングがあるのかをご紹介します。

・リゾートホテルのようなアウトドアリビング

ウッドデッキの上に色が統一されたカーペットとソファーを置いて、間接照明で照らすだけで、海外リゾートホテルのような空間になります。夜になればテーブルの上にキャンドルを灯して、夜空を眺めながらお酒を飲んだり、友達や家族と語り合ったり…ロマンチックな夜を過ごせそうですね。

・植栽に囲まれたアウトドアリビング

植栽に囲まれたアウトドアリビングでは、植物の清涼感がおしゃれのポイント。特に夏場は青々とした緑の瑞々しさを感じられます。日差しが熱くて気になる方は、タープを張れば日よけできますよ!夕方などに自然を眺めて癒されるのもステキですね。

・リビングとベランダを一体にしたアウトドアリビング

リビングとアウトドアリビングの床高と床材、床張り方向を統一すると、室内にいても外に繋がっているかのような開放感を得られます。水平方向に広がりを持たせることができるので、お部屋を広く感じさせることができるのが大きなメリットです。つまずきにくく、室内からアウトドアリビングではしゃぐお子さんを見ることもできますよ!

アウトドアリビングで快適な暮らしを♪施行例・注意点を解説-3

アウトドアリビングの注意点

アウトドアリビングに興味を持たれた方のために、最後に注意点を3つご紹介します。

・雨による劣化に気を付ける

屋外にあるアウトドアリビングは雨風にさらされるので、メンテナンスが需要です。特に木材でできた椅子やテーブル、床材は傷みやすいので、放置していると破損してしまい、怪我につながることもあります。防水加工と防腐加工は忘れずに施しておき、直射日光による劣化にも気を付けるようにしましょう。

・虫の対策をしておく

屋外で快適に過ごすためには虫の対策は欠かせません。特に夏場は蚊やブヨが発生しやすいので、吊るせるタイプの虫よけ剤を置いておきましょう。虫が嫌うハーブを植えたり、虫よけスプレーを使うのも効果的です。

・可動性の高い家具を設置

大雨や台風のことを想定して、設置する家具は可動性の高いものにしておきましょう。キャスター付きの椅子や軽い素材でできたテーブルは移動の時に楽ですよ。放置していると自分だけではなく、近隣の住人にも被害が及んでしまうことがあるので、天候が荒れた時は必ず家具を屋内に仕舞うようにしましょう。

アウトドアリビングは生活を豊かにしてくれます。お子さんを遊ばせる場所にしたり、友達とバーベキューをしたり、ゆっくり一人で読書をしたり…自分のライフスタイルに合わせたアウトドアリビングをぜひ作ってみませんか?