営業×設計×工務 座談会 | 創建ホームのリフォームウィズ|広島のリフォーム・リノベーション

facebookページ

採用情報

職種を越えた、社員同士の横のつながりが見える!!営業・設計・工務 座談会

Q1. 営業、設計、工務、それぞれの仕事の関わり方を教えてください。

(工務/平田)
工務は、案件の大小にもよりますが、基本的にはリフォームプランが確定してから仕事が始まります。だからそれまでは営業と設計が中心となって動かしています。
(設計/桑原)
設計は、まず営業がお客様からヒアリングしてきた内容を踏まえて、既存の状況確認のためお宅訪問をするところからはじまります。次に既存の図面を書き起こす。それをもとに具体的な要望をヒアリングして、リフォームプランを作成していきます。
(営業/熊谷)
お客様の要望を聞きだすのは営業なので。まずはしっかりヒアリングして、設計に伝えることを大切にしています。
(設計/桑原)
熊谷さんの説明は、すごく丁寧でわかりやすいよ。
(営業/熊谷)
本当ですか!うれしいです。私はお客様と話をしている時に、反応が良かった話題に「うれしそう」とか「ご主人は盛り上がっているけど、奥さん真顔」など一言メモをしておいて、後から見た時に好みがわかるようにしているんです。
(設計/桑原)
そうなんだ。それは大切なこと。お客様の趣味嗜好が見えてこないとプラン作成がなかなか進まないけど、イメージを共有できていると作業自体が楽しくなってくる。リフォームは新築と違って、今の住まいがどんな風に変わるかをお客様は楽しみにされています。新築の場合は無いところからのスタートだけど、リフォームは今ある空間をいかにしてより良い空間にしていくか。そこが面白いよね。だからお客様とのヒアリングはもちろん、社内でのコミュニケーションはすごく大事。社員もみんなオープンな感じだから、話しかけやすい職場環境だと思う。
(工務/平田)
ところで桑原さんは、なんで今日はスーツじゃなくて、作業着なの?(笑)
(設計/桑原)
法務局に行くのに、合わせて。あそこは、作業着の人が多いからね。

Q2. 仕事の楽しみや、やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

(営業/熊谷)
私は、打ち合わせが楽しい!
(設計/桑原) (工務/平田)
えっ!!(笑)
(営業/熊谷)
特に、工事が始まってからの現場での打ち合わせが好きです。
(工務/平田)
工事が動きだしたら、段取りや作業で工務は大変なんだから(笑)
(営業/熊谷)
平田さん、お客様との打ち合わせ、必死ですよね(笑)
(工務/平田)
もちろん!まず、お客様に自分自身を信用してもらいたいから。それと桑原さんとか、結構現場に来てくれるじゃないですか。忙しいでしょうけど、進捗状況をしっかりチェックしてもらっているから安心できる。
(営業/熊谷)
桑原さんとの打ち合わせは、いろいろ聞いてくれるので頼もしいですし、ポイントを抑えてくれるので助かっていますよ。最初のプランをご提案して、打ち合わせを繰り返しながらプランを確定させていくので、やっぱり最初の打ち合わせが一番大切だと思いますね。
(設計/桑原)
設計もお客様との信頼関係が大事。プランが決まるまでは営業に同行するし、契約が決まってからは仕様の打ち合わせでショールームへ。工事中も、進捗状況や完成の確認などで行くよ。

Q3. お客様との思い出や、印象に残っているエピソードを聞かせてください。

(設計/桑原)
ぼくはリフォーム後に「新しい家を、ありがとう」という思いで、お客様のお子様が描いた絵をいただいたよ。
(営業/熊谷)
わー!それすごくいいですね!
(設計/桑原)
今も、家に飾っていますよ。
(工務/平田)
そういう、感動的なエピソードいいですね。ぼくは、お客様に「この木を切ってくれ」って言われて、切ったらビールをいただきましたよ。
(設計/桑原) (営業/熊谷)
…… (笑)
(工務/平田)
あんまり良いエピソードじゃないか!まずはしっかりお客様と信頼関係をつくっていくことを、これからも大切にしていきたいな。

Q4. 最後に、どんな方と一緒に働きたいですか?

(工務/平田)
おしゃべりが好きな人がいいな…
(営業/熊谷)
それ大事だと思う。
(工務/平田)
あと、分からないことをガンガン質問してくれる人がいいな。
(営業/熊谷)
それも分かります。一人で抱え込むより言ってほしい。
(工務/平田)
疑問とか質問とか、言いやすい環境はあるよね。
(設計/桑原)
設計のスキルに関しては、周りがしっかりサポートするので、安心してもらって大丈夫です。CADの知識も、なくて大丈夫。私も入社してから、今のCAD使いはじめたので問題ありません。
(工務/平田)
サポート力は、本当にあると思う。これだけサポートしてもらっているから、今任せられてもらっていると思うし、それはすごく大事だよ。
(設計/桑原)
リフォームの場合、前の現場がこれだったから、今回の現場も同じという風にはならない。だから経験を積んでいくまでは、しっかり聞く、なんでも知りたいっていうスタンスの方に来て欲しいですね。