元・未経験者インタビュー 設計 | 創建ホームのリフォームウィズ|広島のリフォーム・リノベーション

facebookページ

採用情報

リフォーム 設計募集
前職では、帳簿付けなどの事務をしていました。

 今は、設計・コーディネーターをしていますが、以前は事務としてその日の帳簿付けや請求書のまとめなどをしていました。建築業界に転職した理由は、もともと部屋を飾ることや模様替えが好きだったことが大きいですね。だから新築全体の設計よりも、水廻りだけ、一部屋だけといったご提案ができるリフォームに魅力を感じ応募しました。
 実際に入社してみて、はじめてのことばかりでしたが、お客様との対話や職人さんとのやりとりは、さまざまな年代や業種の方と接する事務での経験が活かせていると思います。

先輩が丁寧にアドバイスしてくれるので、とても聞きやすい環境です。

 設計のスキルは、入社してから少しずつ覚えていただきます。だから設計経験がまったくなくても、普段からパソコンに触れている方であれば問題ありません。1ヶ月ほど設計ソフトを操作していれば、ある程度の図面作成ができるようになります。
 入社当時、図面を作成しては、先輩から修正をいただき直すということを繰り返していました。周りも丁寧にアドバイスしてくれるので、とても聞きやすい環境です。私には専門的な知識がなかった分、先輩が専門用語をわかりやすく噛み砕いて説明をしていただいていました。これはお客様に対しても大切なことで、知識がなくてもしっかり理解していただける言葉での対応を今も変わらず心がけています。

ウィズの設計は、図面の作成だけではなく現場監督まで行います。

 入社当時は図面の作成だけでしたが、今は見積りを取ることや、クロスの張替えやトイレの取替えなど小さな案件は一人で現場監督まで行うようになりました。工務が携わらないリフォームもあり、自ら業者を段取りして作業します。設計の仕事以外をこなすことは大変ですが、直接お客様の言葉が聞けるのでうれしいですね。心からの感謝の言葉は、日常生活でなかなか聞けるものではありません。それが実感できることが、一番のやりがいですね。また、同じような物件はあっても、まったく同じ物件はありません。だからこそ、毎回つくる楽しさを感じられる仕事ではないかと思います。

すべての職種と関わるので、協調性が大切です。

 リフォームウィズの設計は、どの部署とも携わっていく補佐的な役割が多い職種です。最初は営業と一緒に契約まで携わり、契約後から着工・完工まで現場監督と携わります。すべての職種と関わるので、協調性であったり明るく元気な方が向いていると思いますね。そして常に新しい情報を取り入れられる方と一緒に働きたいですね。