広島のリフォーム、リノベーションは創建ホームグループのリフォームウィズにおまかせください。

facebookページ
リフォーム実例集
農機具置き場だった離れを、夫婦ふたりの住まいに。

農機具置き場だった離れを、夫婦ふたりの住まいに。

 □家族構成:2人/ご夫婦(母家にはご主人のご両親) □築年数:約13年 □構造:木造住宅

リフォームデータ

●離れ全面リフォーム
●工期:約3ヶ月
工事費用 約1,300万円

リフォームを決めたきっかけ

ご結婚を機に、ご主人の実家に夫婦で住むことになったK様。離れは、もともと農機具の倉庫として使われていました。そこを夫婦ふたりのスペースにしたいという想いから、骨組みだけだった2階のリフォームを決意。リフォームウィズを選ばれたのは、地元の企業であること。そして何より、担当者と話しやすいことが大きかったそうです。

リフォーム「こだわり」のポイント

バルコニー/洗濯好きの奥様希望のバルコニーは、日当たり良好な南向きに設置。以前の住まいよりも広いスペースを確保しました。床や壁は、外観の趣に合わせた色や素材を採用されています。お風呂/180cmを超えるご主人希望のお風呂は、ゆっくりと湯船につかれる広々とした空間へと変わりました。

リフォームウィズからのご提案

K様ご夫婦からは、広さよりもすっきりとした印象の住まいにしたいというご要望がありました。2階が主な生活スペースになるため、収納スペースをしっかり確保できるようにパントリーや物置、クローゼットをご提案。また壁紙の色や質感は、ご夫婦の好みをしっかりヒアリングしてナチュラルなテイストのものをご提案しました。

キッチン

奥様こだわりのキッチンは、リビングが見わたせる対面式にされました。収納スペースもしっかり確保して、すっきりとした清潔感と部屋全体の一体感をつくりだしています。母家に暮らすご両親も離れに訪れ、家族みなさんでご一緒に食事をされる機会も増えたそうです。

外観

内装のナチュラルな印象とはことなり、外観はご両親が暮らす母家や田んぼや畑が広がるのどかな周辺環境との調和を考え、以前の趣を残した色や素材を採用。一見以前との違いはわかりませんが、細部に安全性を配慮した構造になっています。

階段

階段には、圧迫感を感じさせない白を基調とした壁紙を採用。壁の中にはベニヤ板の下地が埋め込まれ、レールやパネルを取り付けてアート作品を飾れるスペースになっています。創作意欲が湧いてきそうなスペースは、活用の場面がこれからどんどん増えていきそうです。